美術工芸品の修理

本文を読む

美術工芸品の修理について

御仏像や御神体など礼拝の対象となるもの、掛軸や経巻などの装潢類、厨子や須弥壇ならびに御輿(神輿)などの木製神仏具、具足や灯籠および鏡などの金属製神仏具、箪笥や障子ならびに重箱などの家具調度品にいたるまで、文化財の指定、未指定関わらず美術工芸品の修理もすることができます。

当社の持つ木工技術・塗装技術・金属加工技術、および全国各地の高い技術を持つ職人や工房との連携によって、修理できないものはないといっても過言ではありません。

所有者の方の想いは様々で「綺麗に直してほしい」「歴史を感じるように直してほしい」「ここを改良してほしい」、などご要望に応じて修理計画をご提案します。

屋内の美術工芸品だけではなく、屋外に設置される銅像の色付け直しや、額の修理、絵馬掛の塗装直しなども施工が可能です。

どうしても取り替えなければならない場合は新調品でご用意することも可能です。「これ、どうしたらいいの?」という場合、当社にご連絡ください。

御神体・御仏像・御掛軸の修理

御神体・御仏像・御掛軸の修理

ご神鏡などの御神体や、如来や菩薩などの御仏像、曼荼羅掛軸や経巻などの装潢類の修理が可能です。

木製神仏具の修理

木製神仏具の修理

神社の神輿や額、寺院の厨子や机類など大型の神仏具から、箱類や常花の一本に至るまで、かなり古いものも修理が可能です。

金属製神仏具の修理

金属製神仏具の修理

神前灯籠、具足や華籠など、また天水桶や銅像も修理が可能です。

神仏具の新調

神仏具の新調

神仏具は全て新調することも可能です。また、修理不可能なものや、修理するより安価に製作できる場合は新調をお勧めします。

close